ひらめき電球

土門拳が撮影した昭和20年代後半から30年代初頭の写真を鑑賞できる展覧会「昭和のこども」

MdN
3月21日10時15分
コメント(0)

土門拳が撮影した昭和20年代後半から30年代初頭の写真を鑑賞できる展覧会「昭和のこども」
[画像]
「土門拳写真展 昭和のこども」 2017年3月21日(火)から6月9日(金)まで、ノエビア銀座ギャラリーにて「土門拳写真展 昭和のこども」が開催される。写真界の巨匠である故・土門拳(1909〜1990年)の作品を紹介する展覧会。入場無料、開催時間は10:00〜18:00で、土日および祝日は17:00までの開催となる。 土門拳は山形県飽海郡酒田町(現在の酒田市)に生まれ、写真館の門下生を経て、1935年に名取洋之助主宰の「日本工房」へ入社。対外宣伝誌「NIPPON」を中心に、海外へ日本を紹介する写真を多く撮影した。以後、脳血栓で倒れる1979年まで激動の日本を記録し、1981年に株式会社毎日新聞社が土門拳賞を設立するなど、その名前と作品は現在も広く知られている。 土門拳は1950年代に、街頭で遊ぶ子どもたちを精力的に撮影した。彼は時間をかけ、子どもたちがカメラを意識せずに自然な表情を見せるま …

続きを読む3 カラオケこの記事にコメント
    コメントする コメント(0)
 メモブログを書く ブログ(0)
関連キーワード: 土門拳 ノエビア銀座ギャラリー 土門拳写真展
前後の記事
クリップ白米千枚田のあぜ道をキャンドルで飾る「あぜの万燈」が3年半振りに復活開催
クリップ新幹線の座席にコンセントが有るかどうかまでわかる「JR東日本アプリ」
MdNTOP
ひらめき電球 メモ【けもフレ通信】ヒグマ役の松井恵理子さん「母から東三河の新聞にけものフレンズが登場したと報告がありました」 コメント(1)
メモ水木しげるの人間像に迫る回顧展「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」開催
メモガジェット通信放送予定:【将棋棋士、囲碁棋士、プロゲーマー】麻雀最大トーナメント#1 コメント(1)
雷王冠2小林麻央、入院を報告「具合悪いほど家族と離れたくない」 コメント(30)
王冠2子どもの朝ごはんは「3日連続でドーナツ」――今どき母親たちのトンデモ朝ごはんに共感の声も コメント(28)
王冠2がんばれ!Victoryが解散発表 5・20赤坂BLITZがラストライブ コメント(11)

サーチ
 
1ニュースTOP
7芸能人TOP 6ゲームTOP
0アメーバTOP 9マイページ
直前のページは携帯 Amebaモバイル