メモ

米で再生医療の治験で女性が失明 実際には未承認の治療法だった

J-CASTヘルスケア
3月21日13時00分
コメント(0)

米で再生医療の治験で女性が失明 実際には未承認の治療法だった
[画像]
米国で、目の病気「加齢黄斑変性」の治験を受けた3人の女性が視力の大幅な低下や失明した事例が米医学誌「New England Journal of Medicine」に掲載され、AFPやニューヨーク・タイムズなど海外メディアが報じた。

「加齢黄斑変性」は加齢によって網膜の中心にある「黄斑」に障害が生じ視力が低下していく病気で、欧米では成人の失明原因の第1位とされ、日本でも最近増えて第4位になっている。

失明原因第1位の眼病を治すはずだったが 2017年3月16日付のAFPによると、被害にあったのは72〜88歳の女性3人。2015年にフロリダ州の病院で目に自身から採取した幹細胞を注射する治験を受けた。具体的な治療内容は、腹部から吸引した脂肪内の幹細胞を抽出し、眼球に注射するというもの。

しかし、治験後に3人は眼圧の …

続きを読む3 カラオケこの記事にコメント
    コメントする コメント(0)
 メモブログを書く ブログ(0)
関連キーワード: New England Journal of Medicine 加齢黄斑変性 治験 幹細胞 ニューヨーク・タイムズ
前後の記事
クリップ超身近な健康食品こんにゃく ガッツリ料理がダイエット食に
クリップ花粉症の薬を買ったらビックリ 「乳房大きくなる」副作用の可能性
-(AD)
メモ メモ今すぐにハゲを隠す5つの方法
メモなんと5人に1人が!? 「二日酔い」でズル休み…衝撃的な実態が発覚
メモ人間とクマは「友達」になれるのか? コメント(1)
雷王冠2成宮寛貴氏「相棒」最終回に登場 驚きの声殺到 コメント(33)
王冠2山本耕史、スキャンダル写真が海パン一枚 コメント(12)
王冠2浜崎あゆみ、17年200回の歴史に幕 コメント(21)
-(AD)

サーチ
 
1ニュースTOP
7芸能人TOP 6ゲームTOP
0アメーバTOP 9マイページ
直前のページは携帯 Amebaモバイル